占術日記

占い師にゃんこ先生が運営するブログ。

は行

夢占い🔮宝石の夢の意味は?貰う、なくす、見惚れるの意味について

投稿日:2020年7月1日 更新日:

こんにちは、占い師にゃんこ先生です。

いきなり本題ですが宝石の夢というのは基本的に「愛」「幸運」「成功」「大切にしている人間関係」を表しています。

あなたが見た宝石の夢が実際どういったものだったのか、解説していきます。

宝石の夢の基本的な意味

夢占いで宝石は、愛や、あなたが大切にしている人間関係の象徴とされています。

美しい宝石に見惚れている夢は、幸運や成功を手にすることができることを暗示している吉夢とされています。宝石が汚れていたり、曇っている場合は、あなたが今の恋愛に不満を感じていることを示唆しています。どのようなことに不満を感じているのかを考える必要がありそうです。

宝石をプレゼントされる夢は、恋愛運の上昇を暗示しています。恋愛で積極的になるのに良い時期でしょう。宝石箱に宝石が入っている夢は、あなたが新しい自分の能力を見つけることができることを暗示しています。宝石を無くしてしまう夢は、あなたが何か大切な物を無くしてしまうことを暗示しています。

宝石を貰う夢

宝石を貰う夢は、恋愛運の上昇を暗示しています。

特にもらった相手が異性であったり、宝石が赤やピンク色だったときにはより強い意味を持ちます。

あなたに現在特定の恋人がいない場合、思いがけない場所で相手にめぐり合い、恋愛関係に発展する可能性があります。日常の何気ない行動がきっかけになることがあるため、どこへいくにも身だしなみには気を配り、チャンスを逃さないようにしましょう。

恋人がいる場合は、二人の関係が進展する暗示です。婚約や結婚の話が出やすい時期で、お互いが真剣に二人の将来の関係を考えることができるでしょう。

宝石に見惚れる夢

宝石に見惚れる夢は、あなたに幸運が舞い込む、成功をつかむということを暗示します。

あなたにとって良い情報が入ってくる可能性があります。仕事や恋愛で、思いがけないチャンスに恵まれることになり、理想的な結果を残せるでしょう。

大切なことは、相手への思いやりを忘れないことと、努力の継続をやめないことです。運気は上昇傾向にありますので、目標を高く持って、謙虚な気持ちで過ごしていれば、さらなる高みにたどり着くことができます。

宝石を買う夢

宝石を買う夢は、今のあなたが目先の利益にばかりにとらわれていることへの警告を意味します。

近頃、以前よりも物欲が高まっていたり、欲求不満気味であることに心当たりはあるでしょうか。目先の欲にとらわれて過ぎてしまっていて、周りがよく見えていなかったり、冷静な判断ができなくなっているようです。

今のあなたは誘惑に負けて大きな失敗をしてしまう可能性が高まっているため、この時期に大きな買い物や、人生を左右するような決断をするのは避けた方が良いでしょう。どうしてもやむを得ない場合、他の人にも見てもらうなどして自分一人で判断しないようにすると安全です。

宝石をなくす夢

宝石をなくす夢は、現実で大切な何かを失ってしまう可能性を示す警告夢です。

身の回り品や貴重品の取り扱いには細心の注意を払い、落とし物や置き忘れにいつも以上に気を付けるようにしてください。また、失う対象はものであるとは限らず、大切な人との別れや訪れるはずだったチャンスを示していることもあります。些細ないざこざで恋人との関係が終了してしまったり、自分に回ってくるはずだった大きな仕事が注意不足によって他の人のところへ渡ってしまったりする可能性が示唆されています。

本当に必要なものが見えていなかったり、きちんと大切にできていないのかもしれません。失ってからそれがかけがえのないものであったと後悔することのないように、今一度自分の行いを見つめ直す必要があるでしょう。

宝石を落とす夢

宝石を落としてしまう夢は、あなたが取り返しのつかない事態に陥る可能性を暗示しています。

あなたの不注意や小さなミスが原因で、大変な事態に発展することを警告する夢になります。特に人間関係において、あなたの言動が相手に誤解を与えたり、そんなつもりが無くても傷つけてしまったり、怒らせたりしてしまう恐れがあります。結果として周囲の人が離れていってしまうことになり、元の状態には戻れなくなってしまう可能性が考えられます。

自分が何の気なしに発した言葉や、スルーした出来事がきっかけになる暗示ですので、この時期はいつも以上に適当な言動を慎みましょう

宝石を拾う夢

宝石を拾う夢は思いがけない幸運を手に入れる事を暗示しています。

秘められた才能が開花したり、素敵な人との出会いがあるなど、人生が楽しくなったり、豊かな心になれることを示す吉夢です。自分の新たな能力を伸ばしたり、新たな恋を手にするには、人の多く集まる場所へ積極的に赴いてみることが必要です。また、周囲の人を大切にすることで幸運の訪れが早まります。

全く傷のない綺麗な宝石を拾う夢だったのであれば、あなたの感性が磨かれていて、まわりからの評価が高まっていくことを暗示します。拾った宝石が汚れていたり、傷だらけだった場合は、コミュニケーションが難航することを指し示します。軽い気持ちでの行動は慎んで、誰にでも丁寧に接することを心がけましょう。

宝石が汚れている夢

宝石が汚れている夢は、あなたの恋愛運が低下傾向であることを意味しています。

特にあなたが相手に対して不満や不信感を抱くという暗示があります。現在恋人がいるのなら、些細なことでイライラしないように気を付けましょう。この時期にもつれてしまった関係は修復するのが難しいので、時が経ってから後悔しないためにも、一時の感情をぶつけてしまったり、明らかに態度に出すのは控えておいた方が良さそうです。ここを乗り越えることができれば、より関係が深まり、愛情を感じることができるようになるでしょう。

特定の恋人がいない場合は、この時期に出会った異性には気を付けた方が良いかもしれません。あまり深く考えずに関係を持つよりも、少し冷静になって慎重に見極めたほうが将来の安全に繋がります。

大きな宝石の夢

大きな宝石の夢は、あなたの周りの人への愛情の深さを表しています。

宝石が大きければ大きいほど、あなたがあなたの大切にする人たちに対する思いは強いものとなり、愛情深いということが示されています。その優しさは長所であり、周囲からの信頼に繋がっています。周りの人たちも、あなたに向けて愛情を注いでいるでしょう。

ただ、あなたには自己犠牲的な一面もあります。そのため、良くない考えを持った人に利用されたり、騙されたりしてしまうことには要注意です。誰彼構わず信用してしまったり、同情してしまわないように気を付けてください。

たくさんの宝石を身に着けている夢

たくさんの宝石を身に着けている夢は、あなたが欲深くなっているということを暗示しています。身につけている宝石の数が多いほど、その傾向が強いといえます。

本来の姿以上に自分をよく見せようと八方美人になったり、傲慢で高飛車な態度をとっていることに心当たりはあるでしょうか。欲張りすぎて持っていないものばかりに目を向けてしまうと、今ある幸せや大切なものを失ってしまいかねません。

また、人気運の低下も暗示されています。人に対して傲慢なふるまいをすると人間関係の悪化を招きますので、注意しましょう。大切な人がそばから離れていってしまったときに後悔することになるでしょう。

異性から宝石をプレゼントされる夢

異性から宝石をプレゼントされる夢は、恋愛運が好調であることを示します。

夢占いでの宝石は大切な人間関係を象徴するアイテムであり、愛情を意味するとも言われています。その宝石を異性にプレゼントされた場合、特に恋愛運が上昇中で、思い通りに関係が築けることを暗示しています。

プレゼントしてくれた相手が知り合いであれば、その本人があなたに好意を寄せている可能性があります。片思い中の相手や既にお付き合いしている恋人だった場合は、今後仲が深まっていくという暗示になります。

宝石を分け合う夢

宝石を分け合う夢は、あなたの身の周りにいる誰かとの別れを意味しています。

この夢は逆夢となっており、夢の中で中良さそうにしていたり、幸せそうにしていたとしても、実際には反対のことが起こる暗示です。

現在お付き合いしている相手がいる場合は、関係の悪化に要注意です。特定の相手がいない場合、思いを寄せている人とうまくいかなくなってしまう可能性があります。また恋愛に限らず、職場で信頼を置いている人との仲がぎくしゃくしてしまったり、家族と疎遠になってしまうということも考えられます。

できるだけ早く話をするきっかけを作り、きちんと思いを伝えられれば、別れを阻止することができます。

宝石箱から宝石を取り出す夢

宝石箱から宝石を取り出す夢は、あなたが新しい大切なものに出会えるということを暗示します。

今後の人生において重要になる価値観や、新しい世界に触れるきっかけが訪れることを示しています。積極的に周囲とコミュニケーションをとり、情報を取り入れることを意識しましょう。

もし取り出した宝石が汚れていたり、違和感や印象の悪い夢だったなら、あなたが価値があると思ったものは確かなものではないようです。冷静になって、自分にとって本当に必要であるかどうかを見極めましょう。

宝石箱に宝石が入っていない夢

宝石箱に宝石が入っていない夢は、これまであなたの築いてきた人間関係が、失われてしまう可能性があることを示唆しています。

宝石は大切な人間関係を表していて、宝石箱は自分自身の世界を意味します。そのため宝石箱に宝石が入っていないという夢は、あなたが大切に思っている周囲の人との関係を、何らかの形で失ってしまうということを警告しています。特に最初は入っていたのに、途中で宝石がなくなっていたという場合は要注意です。

普段の態度や言動を見直して、改めるべきところがないか思い返してみましょう。また、挨拶ひとつで周囲からの印象は変わってくるものなので、自分から積極的に行うことも効果的です。

いろんな色の宝石の夢

いろんな色の宝石の夢は、あなたにこれから様々な人との出会いがあるということを暗示しています。

夢占いにおける宝石は、大切な人間関係の象徴とされます。夢の中の宝石が色とりどりに輝いていたのであれば、千差万別の魅力的な人々との出会いが訪れるということを意味しています。対人運が上昇している時期であるため、これまで知らなかったタイプの人や、自分が理想とするような人との関係構築が期待できます。

恋愛でも友人関係でも、また仕事上のパートナーとも好調なので、自分から積極的に声をかけていくことが大切になります。

いろんな種類の宝石の夢

いろんな種類の宝石の夢は、あなたが人間関係にとらわれ過ぎてしまっていることを暗示します。

宝石はあなたの大切なものを表します。その宝石に沢山の種類があったということは、それだけ多くの大切に感じている人間関係があるということを示唆しています。

周囲の人を愛せるのは素晴らしいことですが、反面みんなに好かれたいという思いが強くなりすぎて、八方美人になってしまっている可能性があります。人の顔色を窺いすぎて、疲れてしまっていることが考えられるため、本当に大切にしたいものは何なのかを今一度見つめなおす必要がありそうです。

宝石に関する夢をみた人の口コミ

さいごに宝石に関する夢を見た人へ

夢占いでの宝石は、幸運や人間関係を表します。そのため貰ったり拾ったりして手元に訪れるというような夢は、吉兆であるとされています。

また色によっても多少異なり、赤やピンクの宝石であれば恋愛、青や緑などであれば仕事上での出来事や人物についての意味合いが強まってくるようです。あなたが見た宝石がどのような色をしていたか、思い出してみてくださいね。

-は行

Copyright© 占術日記 , 2021 All Rights Reserved.