占術日記

占い師にゃんこ先生が運営するブログ。

や行

夢占い🔮遺言・遺書の夢の意味は?書く・見る・受け取る?

投稿日:2020年4月5日 更新日:

こんにちは、占い師にゃんこ先生です。

いきなり本題ですが遺言・遺書の夢というのは基本的に「決意表明」を表しています。

あなたが見た遺言・遺書の夢が実際どういったものだったのか、解説していきます。

遺言・遺書の夢の基本的な意味

夢占いでの遺書は決意表明の意味があります。

人生において大きな意味を持つメッセージが書かれています。特に達筆で書かれているほどに良い知らせが届くでしょう。

自分が書いている場合は目標を決めるべき時期だという暗示です。中には注意すべき内容が書かれている場合がありますが、人生を導くメッセージとなりますので内容をしっかり受け止めて行きましょう。

ただ、出てきた遺書が汚れていた場合、その遺言を書いた人はあまり信用できない人かもしれません。

遺言書を書く

遺言書を書くという経験はなかなかできるものではありませんが、夢の中で遺言書を書いた場合、今後の何らかの転換期を迎えるという暗示になります。

遺言書というのは、これまでの自分の人生を見つめなおし、今後のことを託したものです。つまり遺言書を書く夢を見るということは、これまでの自分の人生を見つめなおし、今後に期待を寄せる、今後の人生に向かって新たに進んでいくという意味を持つのです。

遺言書を書くという夢が今後の自分の夢を描くということにつながっていることが多くあります。あなたは今、さらなる成長に向かって歩みだそうとしているのです。

遺言書を見る

遺言書を見る夢は、その内容がそのままあなたへのメッセージになります。

遺言はおおむね吉意のある夢だといえます。記されていることは、あなたの人生の目標に関わることが多いです。また、今あなたが辛い思いをしている場合は、ここで折れてはいけないという励ましの意味がこもった夢でもあります。今特に目標が定まっていなかったとしたら、人生の目標を決定させるようなことが書かれているかもしれません。

遺言書に書かれていたことは、あなたをこれから良い方向へと導くメッセージです。達筆な文字であればあなたのもとに良いお知らせが届くことを暗示しています。また、何らかのことについて注意しなければいけない場合もありますので、書かれていた内容をしっかり思い出して覚えておいて下さい。

手書きの遺書が見える夢

手書きの遺書が見える夢は、達成の暗示です。

あなたが定めた目標がもう間もなく達成されるようです。達筆な字でしたらなお吉とされていますので、大きな功績となるでしょう。

またその遺書を見た時のあなたの感情も重要な点になります。あなたが待ち望み、期待を込めて中身を見た場合は目標達成の吉夢ですが、その遺書をみて暗い気持ちになるようでしたら、何かあなたが後悔していることがあるという表れです。

特に人間関係で喧嘩別れをしたり、疎遠になっている人物がいる可能性が高いとされます。もしも思い当たる人がいるならば、今のうちに謝罪や感謝の言葉を伝えることで、今後起こりうる凶を避けることができます。

また遺書の夢は決意表明を表しますので、特にまだ目標を作ってない人は「今がその目標をつくる時だ」という夢からのメッセージと受け取って良いでしょう。

遺書を受け取る夢

遺書を受け取る夢は、あなたに何らかの大きな変化が起きようとしている事を暗示しています。

遺書は終わりの象徴である事から、過去の経験や実績が思わぬ形で役立つ事で、大きなチャンスをモノにする機会が得られる事を示しているのです。

受け取った時に明るい気持ちを感じたのならば、上記の通り吉夢であると考える事が出来ます。しかし遺書を受け取ったとき暗い気持ちになった場合は、既に解決していたと考えていた人間関係のもつれが再燃してしまったり、過去の辛い体験が再び起こってしまう事を示唆しています。そのような心当たりがある場合は、対象となる苦い過去にはあまり近づかないようにしましょう。

遺言・遺書に関する夢をみた人の口コミ

さいごに遺言・遺書に関する夢を見た人へ

現実世界のプライベートでは、なかなか見る機会は多くありませんが、亡くなる方が最後に書いた大切な文書です。夢占いでも同様に、大切なことが記されていると考えられています。

今後の目標や、注意すべき点を示してくれるありがたい夢です。夢に出てきた時は、そのメッセージを大切にしましょう。

-や行

Copyright© 占術日記 , 2021 All Rights Reserved.