占術日記

占い師にゃんこ先生が運営するブログ。

わ行

夢占い🔮ワインの夢の意味は?赤、白、ロゼの意味について

投稿日:2020年4月4日 更新日:

こんにちは、占い師にゃんこ先生です。

いきなり本題ですがワインの夢というのは基本的に「あなたの運気」を表しています。

あなたが見たワインの夢が実際どういったものだったのか、解説していきます。

ワインの夢の基本的な意味

夢占いでワインは運気を暗示しています。

ワインを飲んでいる夢は基本的に吉夢とされていて、運気の上昇を示しています。

また、飲んでいるワインの色でも意味合いは異なるようです。赤は運気の上昇以外に勘が冴えるようになり、白は運気の上昇に加え、恋愛面、対人面でも思い通りに行くことが多くなるようです。

ただ、ワインをこぼす夢は運気をこぼすことになるので凶夢とされています。身内や親しい人、恋人と縁が切れるようなトラブルに巻き込まれる可能性がある暗示ですので十分に注意してください。

赤ワインを飲む夢

赤ワインを飲む夢は幸運到来の兆しです。

勘が冴えわたり、経済運も恋愛運もよく、対人関係も円滑に進む事でしょう。

特に赤ワインは健康に対しても強い意味があります。今まで健康に対して悩み事や心配事があれば、それが解決される事でしょう。夢の中で飲めば飲むだけ幸運が訪れます。

しかし、夢の中で身近な人とワインを飲んでいてこぼしたり、グラスを割ってしまうような夢を見た場合、その人と血を見るような喧嘩をしてしまう暗示にもなりますので十分に注意をしてください。

また夢の中での悪酔いは逆に対人関係の悪化の知らせにもなりますので、注意が必要です。

白ワインを飲む夢

白ワインを飲む夢は運気の上昇に加え、恋愛面、対人面の運気が良い方向へ向かうことを示しています。

飲むとちょっとリッチな気分になれるワイン。夢の中でワインが出てくると、運気が上昇すると言われています。

そして、ワインを飲む夢はそれが何色のワインかによって意味合いが変わってきます。白ワインを飲む夢は赤ワインほどの力強さはありませんが、周囲の人からの好意や遠方からの良い便りなど、対人面で着実によい方向に進んでいくということを示しています。

しかし、ワインを飲む夢が良い印象でなかった場合、対人面でのトラブルや仕事運の低下を示しますので注意が必要です。

ロゼワインを飲んでいる夢

ロゼワインを飲んでいる夢は、今後あなたに幸運が訪れるという知らせです。

特に人間関係や恋愛関係が上手く行く事でしょう。あなたの勘が冴えている時でもありますので、夢を見たら早めに行動するのが吉です。

夢の中で誰かとロゼワインを飲んでいた場合、その人との関係性が強いものになるでしょう。ワインを飲むという夢は様々な方面から幸運を運ぶという吉夢です。飲めば飲むほど幸運を運ぶとされていますので、飲み干した夢ならかなりの幸運を期待していいでしょう。

しかし、悪酔いしている場合はストレスを感じている暗示で、何か忘れたい事がある心情の表れです。またワインをこぼす、グラスを割るなどの夢は大きなアクシデントやトラブルの前兆でもありますので、注意が必要です。

スパークリングワインを飲んでいる夢

炭酸飲料であるスパークリングワインを飲んでいる夢は、プライベートやビジネスでの取引、関係、業績、生活、報酬がうまくいくことを暗示しています。

気持ち良く飲めているのであれば、物事が順調に進んでいるというサインであり、吉夢となります。逆に悪酔いや泥酔するまで飲んでいるのであれば、それは金運、対人運など全体の運気の下降ということを示しますので要注意です。

スパークリングワインを誰かに注いでいるのであれば、あなたの能力、魅力が存分に発揮されず、パワーが閉じ込められてしまうことが考えられます。そのことを認識して、注意を怠らなければ不都合を事前に回避することができます。

気分よくワインを飲む夢

気分よくワインを飲む夢は、人間関係が良好な状態に進んでいくことを暗示しています。

夢の中でよい気分でいるというのは運気がアップしている証であり、ワインは人間関係を表していますので、この夢は対人運の上昇を意味しているといえます。

親しい人とはもっと仲良くなることが出来たり、知らない環境で新しい人脈を生み出すことが出来たりするでしょう。これまでは苦手だった相手の良い一面をみることが出来て仲良くなるという場合もあります。

一生涯の友達が出来る可能性も高まっていますので、できるだけ人が集まるような場所に参加をしたり、気になっていた相手に積極的に声をかけてみたりすることが大切です。

ワインを飲んで酔ってる夢

ワインを飲んで酔っている夢は、酔い方によって吉凶がわかれます。

ほろ酔いなど心地よい酔い方、適度な酔いであれば、今のあなたに強いストレスがなく、さらに魅力が高まっていてモテる時期であることを暗示しています。異性への恋愛運に限らず、仕事や対人関係でも人気が出る暗示です。ワインを飲んで気持ち良く泥酔するくらいであれば、誰もなしえない価値の創造などもありえます。

一方で、悪酔いと言われる酔い方をしていた場合はストレスを抱えている可能性があります。それをよく自覚して、無理をしないように心がけると良いでしょう。誰かと飲んでいる機会に悪酔いを起こしているならば、他者に対してのストレス症状であることがうかがえます。

ワインを注ぐ夢

ワインを注ぐ夢は、誰に対しても良い顔をしようと張り切りすぎて疲れていることを意味しています。

注ぐという夢には気遣いの意味もあり、注ぐ相手が自分以外である場合には特に八方美人で疲労していると言えます。人に嫌われることを恐れるあまり本音で物事を言うことが出来ずに損をしていると感じたり、相手によって意見が変わっていくことで思わぬ事態に巻き込まれてしまう可能性もあります。

嫌われないように人の顔色をうかがってばかりでは自分自身を失ってしまいますので、時には本音でぶつかったり、本当に自分のことをわかっていて欲しい相手を見極めて接することも必要です。

ワインをこぼす夢

ワインをこぼす夢は、運気や体調がすぐれない、或いはこれから下降することを暗示しています。液体をこぼすと元の形には戻せません。これは取り返しのつかなくなる事態を指しています。

もしもあなたが現在進行形で体調がすぐれず、違和感を感じているようなら、できるだけ早く医療機関を受診しましょう。ワインが赤だった場合は血液を指し、血流が悪くなっているなどの暗示であることも考えられます。

現在体調面に思い当たる点がない場合は、運気の低下や今後の不健康を示唆する可能性があります。

不注意からくるケガや、生活習慣が原因での病気に注意してください。

ワインに関する夢をみた人の口コミ

さいごにワインに関する夢を見た人へ

ワインの夢では、赤ワインか白ワインかにによって多少解釈が異なりますが、基本的には赤の方が強い意味を持っています。

ワイン自体がそのまま運気を表していることから、飲み干していたのかこぼしてしまったのかで吉凶が大きく違ってくることになります。

また、現実世界と同様に、悪酔いには良い意味はありませんので注意していきましょう。

-わ行

Copyright© 占術日記 , 2021 All Rights Reserved.